« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月26日 (月)

24,25日 タマダ練習

24日

ゲートオープン前にタマダへ到着。
今回は色々仕様変更をテスト予定。
不調だった山本選手のNSF。原因はキャブ。修理ついでに車体の方のOHを依頼されていたので、各部曲がりクラックチェックとグリスアップ、オイル類はすべて交換。
ノーメンテで1年使い倒した車両は各部消耗してました。そりゃ不調にもなるわw
で、この日来れるというので納車。
そそくさと荷物を下ろし、受付を済ませてタイヤを暖める。朝晩は気温が下がり、路面温度は低そうだ。
走りたくて走りたくて、うずうずが我慢できない山本選手は既に走行開始。
山本母と「元気だなぁ」「帰って来ないね・・・」なんて話してると、3コーナーでガシャーンshock

こ、こらこら・・・せっかく頑張って、車体フルOHして各部調整したのに・・・(;д;)
はい~F周り曲がり、グラベルまで行ったおかげで砂だらけです(苦笑)
1本目で無理するとろくなことが無いと学んだ山本選手でしたwww
そんなお茶目な山本くんを笑いつつ、少しでも伸びしろを求めて色々テストなトオル。

①T-TECHに加工してもらった軽量アウターローター。
多少開け始めのトルク感が薄くなるものの10000~12000付近は多少トルク感があるような気がする。
ただ・・・振動が気になる。
スプロケをR1丁ショートへ→やりすぎ感www R半丁ショートで落ち着く。
②田中兄さんから強奪してきたWJのファンネル。
CLSSのファンネルを外し装着・・・できず(。>0<。)
どうやら26パイ用は22パイには装着できないようだ。残念。

③ヒゲレーシング高橋選手のご好意で某有名ショップのダウンマフラーを貸してもらった。
ピットロードで気が付くトルクの薄さ・・・愕然となる。
それでも上が回るんじゃないかと期待。・・・回転域変らず・・・。
下も使えず上も回らないのでは使いようがない。
色々試してみたが・・・結果、絶頂マフラー最強sign03www
この日はテツ屋氏に助言を仰ぎつつ、3つ?のテストをしてみたがどれも好感触は得られず。

1445815534132

この日はそのままホテルタマダにお泊まり。合宿みたいですね。

夜中にしぇんさん登場。無料休憩所にて宴会中、タコ足配線がショートし電源消失。
小椋電気に苦情の電話(嘘)
宴会は強制終了となりましたwww

翌25日。
思ったほど寒くもなく、朝7時起床。
コースを見て周ると昨夜風が強かったせいもあり、落ち葉が1コーナーを埋め尽くす。
ほうきでせっせと掃き出す。その間、山本君は決勝用エンジンに載せ替え。
自分は前日の感触がいまいちだったので、マシンのセットを前に戻した。
しぇんさんがCRminiを貸してくれた。今日はこのテストだなcatface

朝から続々と集まる。流石バイクデー。今回は朝からクラス分け。
本日は朝1の走行が超慎重な山本選手。流石に学習したかwww
セットを戻したトオルは「これだ!!」・・・結局今までと何も変らず・・・

今までのセットが一番って結論。まぁ~自分で試してみないとなんとも言えないので来週末はこれで行きます。
昼、なかなかタイムが上がってこない山本君はRサスの車高を元に戻してアタック。
中のストレートエンドでバフッ!!白煙を上げてオイルを撒いてましたng

原因は載せ換えたエンジンのヘッドのオイルチェックボルトが振動で脱落し、オイルを噴出したらしい。。。
こんなトラブルはじめてやshock

タマダな皆様ご迷惑をお掛けしました(人><。)

そして・・・この日CRminiをテストするのを忘れていたという衝撃の事実www
ごめんなさいしぇんさん。ちょっとお借りしますm(_ _)m

絶好調小椋選手はどうにも手が付けられない状態ながら、自身の不調の原因と、前回転倒の原因もなんとなく見え、良い練習となりました。

1445815541942

人が集まるサーキットってやっぱり楽しい!!



おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

2015仕様 NSF100-SP

10010419

NSF100 SP仕様

カウル TAKEZO
エンジン エイプ100 ノーマル
エンジンオイル レーシングタスク 4TRR
オイルクーラー キタコ(一番ちっちゃいの)
CDI ポッシュ黒 設定は2
マフラー 絶頂マフラー(お取り扱いはシェンプラス)
キャブ TM-MJN22 
ファンネル CLSS
フォーク 95 油面122㎜ 
リアサス クアンタム
パッド デイトナゴールデン
ブレーキホース デイトナ
タイヤ BT601SS
メーター SOLO タコ 追浜 油温 デイトナ
ステップ、ステップアップキット ハナミズキ


2014,2015はこの仕様でやってきました。
まるちレギュが変更になったのでハイカム(ヨシムラST-1)もテスト。
タマダカップ様のご好意でタマダカップ第2戦に章典外参戦。
確実に速くなるのだけれども、ライダーの腕が・・・撃沈。
ある程度ハイカムのデータも取れたので、よしとし、第2戦終了後、ノーマルカムへ。
タイム的には確実に上がると思う。ただ・・・来期以降のタマダカップのレギュ変更は・・・(´Д⊂グスン
生名サーキットさんみたいにモトチャンプ杯にじゅんずる。以上。くらいでいいのにwww




今年も残すところタマダカップは最終戦のみ。
今年はレイアウト的に得意なタカタサーキットは封印して、苦手なカートコースで腕を磨くことに専念。
苦戦中ではありますが、ロードとカートコースの違いを考えつつ、成長できた1年ではなかったかと思います。
最終戦は、今まで試したことの無い、セットを試してみようかと思ってます。
ミニバイクを始めてから既に15年。。。もう後、3皮くらいむけないと、なかなか勝たせてはもらえませんが、常に上に目標がいるって幸せなことだと思うので、いつかは追いつけるように・・・頑張りますsign03
おしまい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

ピグスープ タカタ最終戦

今年も始まったばかりだと思っていたら、既に最終戦・・・どうりで肌寒いわけですね。

スプリント
今回はマシン修復が間に合わなかったので観戦。
予選
台数が少ない関係でCBRと混走。流石に危なそうですsweat02
自分が走ってる分にはそこまで危険に感じませんでしたが、はたから見るとストレートの速度差が違うのでかなり危険に見えましたsweat01

今回は気候がいいので結構良いタイムが出るんじゃないか?と期待していましたが、65秒台。
決勝
スタートは、いつものことながら山田選手、小椋選手、高橋選手は出遅れた様子(笑)
ロケットを決めたH選手がトップ。小川選手は少し遅れた様子。
数周後、事件発生。H選手のINに山田選手が飛込み接触。隙を見て小椋選手がトップに。
その立ち上がりでH選手が後方を睨みつけ抗議、が、混戦の中、小椋選手に気が付かず接触転倒。この転倒で小椋選手の買ったばかりのチャンバーはブチ曲がってました。
ここまでは、レースアクシデント。
転倒したH選手はコース復帰後、スロー走行で後方から来るトップ集団を待ちます。
トップ集団の後方から見学するのかと思いきや、3位走行中の山田選手の前に割って入ります。その後、何度も山田選手と接触しながらトップグループの前へ。最終シケインでもガンガン当ててます。
流石に主催者判断で黒旗が出されますが、ピットアウトする様子は無く、あえなく赤旗中断。レース不成立。
これを見ていた観客からは怒号の嵐。同じ島根の方で、乗っていた車両の持ち主、ライダー共に知ってますが、流石にあれはレースとは言えない。頭に来たのは解りますが、紳士的なスポーツマンシップを失ったモータースポーツは危険でしかありません。
H選手も前日、うちに来られて「楽しみだ」と言っていただけに残念。
既にフェイスブックの方で、車両のオーナーが、ライダーには出場停止。反省してもらうと言っていますので、これ以上広げるつもりはありませんが、マシンオーナーとは個人的に少し話をしにいこうかと思ってます。
あの潰し合いを見せられてとても新規のスプリンターが増えるとは思えませんからねーー;



さて、きな臭い話はこの辺にしておいて、耐久へと移ります。


3時間耐久
今回は諸事情によりゆうゆのSTマシンを買取り。
せっかくなのでこれで久しぶりに耐久に出てみるか・・・的なのりでレイトエントリー。
じゅぴたかのXR乗りのたまさんと会長さんを招集。何とか肩も上がるようになったのでトオルもついでに混ぜて貰います(笑)
朝の公式練習が終わり昼まで何も無いので「温泉いってくるheart」とたまさん・・・
暴挙だ・・・ほんとに温泉入りに行きましたwww
スタートライダーはたまさん、ほぼ最後尾からのスタートも72~73秒ペースで順調に走ります。
2番手会長は緊張からトイレに走っている様子w 昔の自分を見ているようです(笑)
3番手にトオル。昔の感覚を思い出しながら走行しますが、買取って1回も乗ってないXR、シフトが低すぎて左足の親指の皮がずる剥けになりましたsweat01
試乗してみるって大事ですよ?w
しばらく走っているとギア抜けの症状が出てきたので、シフトアップを早めにしてクールダウンに努めます。タイム、クールダウン前ベスト70秒、クールダウン中72~73秒。

30分交代で、2クールの予定で交代していきます。
特にシフト以外はトラブルも無く、クラス1位を走行。ま、2台しか居ないんですけどw
2番手会長が体力的に次の交代は20分でお願いしますと言われるので、快諾。
熟女にやさしいトオルです(笑)
最後の40分を走ることになったのですが、シフトだけは上げておきたいとわがままを言ってシフトを調整する時間を頂きました。
パンサー佐藤さんにも手伝っていただきパパっと作業終了。
いい感じ・・・とピットアウトしようとすると、上げたシフトロッドが曲がったステップホルダーに引っかかり、戻らずニュートラル状態になる。いじる前より乗りにくいsweat02
ピット出口で止まり後方を見ますが既にピットクルー陣は自分の出番は終わったと、酒飲みに行った模様・・・くっ・・・・このまま一周スロー走行でピットに戻ることも考えましたが、さっきのピット作業のロスと出口で止まっていたロス、もう一台のSTクラスのマシンが2番手後方まで迫ってきていたのでこのまま何とか走りきることに。
シフトダウンは普通に出来るが、シフトアップは足で操作は無理みたい・・・
う~ん、左手でやるしかないか・・・
幸いXRなので5速。NSRより1速少ない。メインストレートで1上げて5速。2コーナーで2下げ2~3のストレートで2上げ5速。3で1下げ4速引っ張りで4で1下げる。5~6の切り替えし(ここが一番苦労した)で1上げて6立ち上がりで1上げる・・・
この上げる動作を手で(笑)

S_myphoto201510110050
手でシフトアップの図w(写真提供 獺様)   
前後に居た黄色いセンターだしのNSFSPの方と青いカスタム塗装してあるNSFSPの方の邪魔をしながら走行^^;
関係ない話ですが・・・2台とも結構煙吐いてましたよ。オイル下がりがオイル上がりか・・・
恐らくモトワンさんのところか、YOUさんのところの方だと思いますので早めに見てもらって下さいねsweat01


シフトアップを手で行う為に姿勢はずっと伏せたまま・・・残り10分は本当に拷問でしたsweat02
それでもタイムは71秒前半から72秒。あれだけフラフラしながら1本目と変らないって言う(笑)

そして、表彰式で衝撃の事実が・・・・・


STクラスもう1台のチームリタイヤにより優勝???
くっ・・・俺の頑張りはなんだったんだwww 
はぁもう手でシフトアップはせんど~sweat01





おしまい。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

明日はタカタサーキット

タマダの転倒でマシンがぶっ壊れちゃったのでスプリントの参戦は無しで。

3時間耐久 STクラスに助っ人ととして参戦します。
だいぶ肩は上がるようになりましたが、まだコリコリと動きが悪いようです。まぁ何とかなるでしょう。耐久だし・・・
で、今回各所から問い合わせがあったのですが、BSの倉庫に現在601は欠品中のようです。
7日入荷予定となってます。
苦労されてるチームの方もおられるでしょうから、新品F1本、R2本前後ミディアム予備で持っていきます。早い者勝ちですので必要な方は声をかけてくださいね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »