カテゴリー「レース」の記事

レース

2018年6月11日 (月)

岡山国際 60分耐久

金曜の夜に出発し、ゲートが閉まる前にとフルで高速を使い岡山へ。

途中、エンドーサンとグン君と蒜山SAで待ち合わせ、11:30位に滑り込みセーフで岡山国際到着。
マシンを下ろし、疲れたのですぐに就寝。
朝5時付近に目が覚め、練習走行の準備。
と言っても、岡国は走行料がお高いのでお昼の1本だけ予約w


Dsc_0213_2
さてさて、初ノーマルなのでファイナルも当てずっぽうで大体この辺りかと16-29を選択。
練習走行開始。
2分20秒・・・待て待て結構頑張ったぞ?もう一回・・・2分19秒・・・2分18秒・・・2分17秒・・・・もう・・・むりぽι(´Д`υ)アセアセ
シフトダウンやシフトアップの場所も探り探りでSPより非力な分余計にライン取りに苦労。
ピットに帰ってスプロケ交換しようかと悩んだが限られた時間しかないし、久しぶりのロードに馴れるのが先決と我慢しながらの走行。
全然思い出しませんなwww
ピットに戻って同じピットの永久選手のタイムを聞く。2分13秒・・・まじか!?
後4秒???全く縮まる気がしませんw
だいぶやばいよやばいよ~!!(゚ロ゚屮)屮

マシンの整備だけして後のこは明日考えよう・・・雨予報だし(´Д⊂グスン




6/10 レース当日。



朝から悩ましい雨雲レーダーに悩まされる。
新品タイヤをドライとレイン両方使うのは勿体無いんでどっちかにしてくれ!!
予選。

ポツポツとはするものの路面を濡らすほどではない。
一応レインにウォーマーだけあてておいてドライで出走。
昨日の感じと地元の植月さんに相談した結果、ファイナルは16-30で行くことに。
もう何もかもがぶっつけのレースW
ピットで出走を待っていると目の前を激烈さんが走り抜けていくのが見え慌ててついていく。
ついていければ何か見えるに違いない。
コースインのタイミングで少し離れてしまったが、距離が開いていく感じはない。

が・・・全く追いつきませんw
そうこうしていると優勝候補の後藤選手に凄い勢いで抜かれる。一瞬SP?って思うほどwww
スリップにつかせてもらい、激烈さんを追走。NSF-SPと2ST-SPも絡んでくる。邪魔だなぁ・・・
激烈さんに追いついたところで2ST-SPに邪魔をされ少し距離が開く。ストレート速いんだけんもうちょっとイケよ~とか思っていたらグロムの女の子に入られジ・エンドーサン。
タイム2分12秒。昨日よりはだいぶマシだけど目標タイムには程遠い・・・
終始単独走行だった永久選手にも抜かれクラス4番手。総合27番手。
うぅ~ん・・・まぁタイムはともかく上位陣とそんなに離れた位置にいないのでスタートさえ決まれば何とか喰らいついていけそうな気がするんだが・・・
決勝。
雨雲がかかってても降らない雨雲レーダーはもうしらん。
ドライタイヤのまま出走前点検のグリットに並ぶ。降る降るといって全く降らない天気予報に翻弄される方々、でも現状でレインって選択肢はないと思っていたが数台はレインを履いている。賭けに出たなぁ・・・
ゲートが開き、コースイン!!
したとたんにザァァーーーーrain


うわぁないわぁ・・・
超スローペースで走行。グリットに並ぶと永久選手はコース上でタイヤ交換の模様・・・
マジかぁ・・・手伝ってくれる品川ママとぺ君にレインを取りに行って貰い急遽タイヤ交換INグリット上でwww
スタート5分前ボードが出されかけ一旦引っ込められる。
後5分じゃ終わらんど(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

諦めて一旦ピットに帰ってタイヤ交換しピットスタートにしようと思った瞬間にレーススタートディレイが決定。
助かった!!
ピットに急いで帰りレインに履き替え再びグリットにマシンを並べる。
もう汗だくっす(;;;´Д`)

15分のディレイで60分耐久スタート!!
キック一発でエンジン始動も回りがうるさすぎてかかっているかの確認が遅れスタート失敗www
ちょっと永久選手と激烈選手に離された。。。
NSF-SPの若そうな兄ちゃんと絡む・・・ストレートでスリップに入り、コーナーで抜くの繰り返し・・・どんどん上位が離れていく。
もういいよ俺がストレートで前に出るから車速乗せて勢いで伸ばしてくれ!!
と、最終手前でIN側に並びかける・・・アウトから被せてくる。。。
肘で押し返しながら何とか転倒を回避も最終で失速。
ストレートで首を傾げながら走るNSF-SP。
くぅ~お前のせいで余計に離れたじゃないか凸(`、´X)


別のスリップと遅い車両を間にかませて引き離しに成功wwwも時既に遅し・・・
前には既にだ~れも居ません。
淡々と周回を重ねると少し前に永久選手の姿が・・・こちらも単独走行のよう。
ジリジリと追いつきはするもののスリップに入れる所まで近づけない。
体重差かアトウッドの立ち上がりから裏ストでは明らかに差が広がるw
が、リボルバーからの後半区間はジリジリ近付く。
追いつけたら楽しいなぁ・・・とも思いましたが、よく考えたらピットインしないといけないんだっけ???
NSF-SPを引き離すのに結構時間使ったからそろそろ入らないとヤバイ気がしてピットイン。
コースに復帰すると雨足が強くなっている。
転倒車両もちらほら見える。ここはちょっと慎重にいかないと・・・と、Wヘアピンで激烈さんが転倒。
マジか~・・・あれ?ってことは表彰台のチャンス???
俄然燃えてきてペースを上げる。
最終コーナーでヌルっと一瞬きたのでマシンを起して回避・・・も思いのほかアウトにはらんでしまいアウト側の縁石にRが乗った瞬間がしゃ~ん  アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

そのまま凸凹縁石に大根おろしの如くおろされるトオル・・・あいたタタタタタタ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


軽い脳震盪だったけど惹かれちゃマズいとすぐに起き上がりグラベルに転がるマシンを探す。。。。
あれ?マシン何処行った???
振り返るとコース上のライン上に転がっているアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

慌ててマシンを回収しグラベルに退避。
エンジンを始動してコース復帰。更に濡れている路面状況のせいなのかどこか歪んでいるのか・・・
いや歪んでいるのはトオルの性格???
全然タイムが上がらないまま気が付けばmotorsports
思いのほか楽しかったけど・・・やっぱ悔しいな。。。
次こそは表彰台へ・・・なんて考えながら帰ってきたら表彰台へ呼ばれるw
えぇ~コケた時点で駄目だと諦めてたんですが・・・sign02
3位らしいですw


1528712924486
ロードの表彰台はなん回のっても嬉しい。棚ボタでもwww

次はトップグループに絡みたいなぁ。。。
1528712909493

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

タマダカップ 第2戦 NSF100 記録簿

最近物忘れが酷いので男爵に習って記録。

NSF100 トロフィー仕様
プラグ CR9HIX
オイル スピードハートリバーレ 10W40
ファイナル 14-33
キャブ メイン#98 スロー #35
レバーガード キジマ

決勝前にメインとスローを換えた。
体感的には若干ではあるが伸びるようになった気がする。ここら辺はほぼ変化しないので気持ちの問題?
他の仕様はレコードを記録した去年の秋からかえてない。
エンジンは新エンジン。
ストレートスピードも最低速度もレコード時より出てはいるがアベレージが遅い。
ここは新路面になったことと、突っ込み過ぎていることに原因がありそう。
要検証が必要です。
41秒フラットまでは戻ってきたものの復調までは程遠い感じ。
おまけ・・・
10023726_hfjwk1


コケたくせに。。。なんかカッコいいじゃないか・・・(# ̄З ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

2018 タマダカップ 第2戦

タマダカップ 第2戦 スプリントレースに参加してきました。

前日。
早朝からタマダ入り。午前9時付近。
自分を含め3台・・・え?えぇ~?レース前日ですよ?
仕事忙しいのかな???
皆さん余裕ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
余裕無い絶賛ぜっ不調のトオルは朝から練習。

前回同様、部分改修された新路面の継ぎ目に慣れることが出来ずに42.3。
少しまともな中古タイヤに履き替えアタックも41秒中盤付近・・・

遅い箇所はわかってはいるのですがどうにも自動ブレーキシステムの解除ならず撃沈。
夕方、走行台数が減ってきた所で、合間を見ながらスタート練習だけします。
おおよそこの辺りのグリットだろうと1番手、2番手のポジションから数本スタート練習。
ん~・・・ちょいFうかしちゃったなぁ。明日は気を付けよう。

オイル交換と、キャブ掃除、決勝用タイヤの組み付けだけしてこの日は終了。


当日。
受付、車検を済ませ、公式練習。
む!むむむ!! 結構頑張ったが42.3・・・おいおい大丈夫か?俺?
今更じたばたしてもしょうがないので後は新品タイヤとレーステンションで何とかしましょう・・・



予選。
例の如く、1番手でコースインして2.3周だけのアタック。
今回は前回の反省点を踏まえ、オイルをスピードハートのリバーレ10W40と少しかためのオイルに変更したので、冷えてる状態でのノビはどうか気になっていたのですが、全く問題なく。
手持ちの時計で41.2(公式結果は41.166)と最近の調子を考えると上々。
グロムのHMF 須磨選手の動向が気になるところ。
注視してたら伏兵 HMF 永久選手 タイムは40.993。 アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!


予選2番手。

続いてSP予選なのでチームメンバーに声をかけ鼓舞します。
スプリント予選(NSF100 HRCトロフィー/HRC GROM Cup)リザルト|タマダカップ公式サイト

若い子の急成長には驚かされます。
内心ちょっと焦りがあったので、ピットに言ってあれやこれやプレッシャーをかけてみますが一向に聞く耳をもってくれないwww
流石だ・・・

Sミーティングでスタートの方法を教えるんじゃなかったと後悔(笑)

スプリント予選(SP)リザルト|タマダカップ公式サイト

足立選手は自己ベスト更新のフロントロー3番手の39.997。おめでとう!!
弘樹は安定の速さでポール奪取。キビシ目に・・・タイム的にはもう少しいけたと思うけど、周りを見ながらの安定した走りには成長を感じずにはいられない。
公式練習で転倒した小椋選手はまさかの4番手スタート。余計に怖い気がするwww

遠藤選手はベテラン田中兄選手を抑えての5番手。タイム的にはまだいかないといけないと気負っているが吉と出るか凶と出るか・・・・



スプリント決勝。

直前にレースを想定してイメトレしてたらいつの間にか爆睡w
立ちゴケ君のアナウンスで目を覚まし慌てて準備。
どんなイメトレだったかな・・・???

よく思い出せない。しょうがないので前半からプレッシャーをかけ続けていこう作戦プランAで。

スターティンググリットに整列し、レーススタートsign03

前日のウィリーが頭をよぎり慎重にスタートし過ぎて前に出れず2番手。
この位置だと3番手グリッドの須磨選手が絡んでくるに違いないので出来るだけ早い段階で永久選手の前に行きたいところ。

と、1周目の4コーナーでINがら空きの永久選手。

ふふふっここはプランBで!!ゴチになりま~す。と狙いを定めてのトップ浮上。
さてさて。ここまでは想定通り。ブロックラインは一切使わず正々堂々と勝負だsign03

どこで仕掛けてくるか?気になる所ではあるが、後ろは振り向かないと決め序盤から全開走行。
と、4コーナーで転倒車両がある模様。ん???今のカラーリングは・・・永久選手かsign02

えぇ!?嘘でしょ?と後ろを振り向くと・・・誰も居ない∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
再度確認・・・振り返る~と誰もいな~ぃnote(´;ω;`)ウウ・・・

初戦追い上げてきた○又選手は!?
え?高熱でクールダウン走行???いや、それはしょうがないよね。
そのまま何にも起こらずトップでmotorsports


スプリント決勝(NSF100 HRCトロフィー/HRC GROM Cup)リザルト|タマダカップ公式サイト

ファステストはもってかれたけど・・・自分のレース経験で予選より決勝の方がタイムが良いとかちょっと記憶に無いんで少しは成長できたかな???


続いてSP決勝!!
沸々と闘志が湧いてきました!と遠藤選手。
離されたら二度と追いつかない無いから気合でいけ!と送り出します。
弘樹にはプレッシャーかけるとスタートでミスしそうなのでいつも通りのスタートを決めて来い!と送り出します。


足立選手には・・・あれ?居ない・・・ま、いっかw
全車スターティンググリットに整列しレーススタートsign03


弘樹ウィリーwww ばかばか!普通にイケって言ったのに(笑)
その横で珍しく植月選手までウィリー。

その間に3番手スタートの足立選手が1つ順位を上げ2番手浮上。
流石の小椋選手も安定したスタートで3番手浮上。
1位弘樹、2位足立選手、3位小椋選手、4位植月選手、5位遠藤選手と続きます。

1周目。裏ストエンドーサンではなく裏ストで足立選手がスリップダウンwobblyぬぁ~

2周目。ストレートエンドーサン転倒ng わわわっ気合で逝っちゃいました。うん・・・ごめん。
転倒の影響もあり2番手小椋選手との差が少し空き逃げる弘樹。

以前はトップにたったら緊張してミス連発ではあったが、ミスも最小限に逃げる弘樹。
差が縮まったりひらいたりしながらの序盤戦。小椋選手を振りきれる筈はないと思っていたけど・・・思いのほか頑張る弘樹。成長したなぁ・・・
後半~公式練習の転倒の影響か、JP250との乗換えが難しいのか小椋選手がジリジリ遅れだすΣ(;・∀・)

後ろを走る植月選手の方がペースは速そうだけど植月選手も決め手が無いようでなかなか前に出れず・・・
レースを終始安定した速さで走りきり弘樹初優勝sign03


よく頑張った!!


思えば、ミニバイクを始めた頃からひたすら練習。膝も擦れない所からのスタートで、長いブランクもあったけど諦めずに必死に練習してた弘樹。
なんだか自分のことのように嬉しく、若干俺が泣きそうになっていたのは内緒ですwww
まだまだテクニックでは小椋選手、植月選手に及びませんが、練習量は裏切りません。
本当に良かった!おめでとう。


1527503970530


初優勝の洗礼はこちら↓↓↓

1527503982358


嬉しくてついでにトオルも参加しておきましたwww
何も出来ない弘樹(笑)


あ・・・足立選手の転倒からの追い上げは気持ちの強さを見せて貰いました!
エンターティナー足立と覚えてあげて下さいw
エンドーサンは元気です。

Dsc_0210


その後、弘樹の祝勝会 焼肉センター可部店。
散々飲み食いしてめっちゃおもろかった。が・・・皆何か忘れてるぞ!!



1527503959995

俺も優勝したんだ!!誰か祝えsign01つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
ちゃんちゃん。


動画はタマダカップのHPにてUPされるのをお待ち下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

GW タマ練 4/30と5/3

ただの日記ですw 写真もありません。

4/30

開幕戦以来のタマダ練習。
今年に入ってからどうにもタイムが出ない。頑張ってはいるのだけど・・・なかなかタマダの予定が合わなくて走り込みも出来ないし・・・
マシンのセットは変えていない。冬仕様で逆にちょっと柔らかい位の足回りですが、前後とも残ストが沢山・・・
もう少し柔らかくしようかとも考えたが、これはマシンの問題ではなく人間の問題。
こういう時はセットは変えずにひたすら走り込むしかないのかな?
部分舗装し直してからどうにもリズムが掴めず迷走。
朝からボロタイヤで。41.5。初戦の予選新品タイヤと同タイム!?
おぉ・・・少し感覚が戻ってきた様な気がする。

昼。40秒台に入れるべく、レース落ち極上タイヤを投入。
これでいけるだろ!?
意気揚々とコースイン。
うりゃ~どや!?・・・41.5・・・・・いやいや、今のなしなし・・・
ぐぬぬ~どりゃ~・・・・41.5・・・・・いやいやまてまて・・・
おんどりゃ~これでどーじゃボケェ!!・・・41.5・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ち~ん。なんでや!?
どこで自動リミッターが効いてるんだ!?
結局朝のタイムを更新することは出来ず・・・勿体無いだけなんで再びボロタイヤに戻しひたすら周回。
いけてないわぁ~。
5/3
リベンジに燃える中2日のタマダ。ポイント2倍デー。
昼前早々に良いタイヤに履き替え感覚を取り戻すべく走行。
41.4・・・何度走っても41.4。んん~悪い箇所が1ヶ箇所って訳じゃなく全体的にこう・・・違うんだよな~。
帰ってデータロガーを確認。
載せ換えたエンジンは決して遅くは無く。むしろ最低速度も最高速度も速い。
ただアベレージは・・・2k位遅いのかな???
頑張りすぎて突っ込み過ぎているのでしょう。
ちょっと反省。
次戦まで時間がありませんが、次はいついけるかな???
一応13日予定してます。
とりあえず、去年のレベルまで戻さないとな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

タマダカップ 2018 開幕戦

久しぶりの更新です。

色々あって、なかなか練習できない開幕戦一週間前。何とか時間作って部分舗装の新路面の具合を確かめに。
路面自体はグリップするようですが・・・出口付近の段差が気になるのと、今まで有った段差がなくなったので、ラインというかタイミングが取りづらい・・・(;;;´Д`)
そこそこのタイヤで頑張って41.7とか・・・これは人間が終わってますね。
開幕戦前日。
雨予報で諦めていたのですが、朝天気予報を確認すると、午前中は何とか持ちそうな感じ( ̄ー ̄)ニヤリ
終わっている人間に渇を入れるべく新品タイヤも用意していざタマダへ!!
タマダにAM08:00時ごろ到着。も・・・・
Dsc_0203


嘘でしょ!?
全周にわたり派手にオイルが撒いてあり、タマダの職員さんが必死に水撒いて処理してます。
聞けば前日走行終了10分前にドリフトが撒いたらしい・・・
ちぃ~ん・・・・結局走行できず(ノ_-。)


マシンの整備だけして早めにお風呂に行き買出し。
Line_1523711949693
ピンクハウスに入れない位お集まりいただきましたwww
楽しかったな(笑)
2018タマダカップ第1戦当日。
まるでルーティーンのように1番手で受付を済ませ、車検も1番手w
公式練習。
走り始めてすぐに小雨が降り出し、数周だけ回ってピットイン。
決勝は晴れるのに嫌なイメージはもちたくないですからね。。。
予選。
毎回のことながらここも1番手に入って4周以内のタイムアタック。
新路面の段差に戸惑いながらタイムは上がらず41.5。
うわぁあかん奴や・・・予選2列目グリットに並べれば御の字か???
と思ったら、まわりもタイムが伸びず予選2番手。
まぁ1列目に残れたのなら良しとしましょう。結果オーライヽ(´▽`)/


決勝。
サイティングラップで予選トップのJrクラス 石川選手に合わせてみるもスタートはあまり上手くないよう。
レーススタート!!
思った通りスタートで1番手に上がり逃げ切りを図る・・・も・・・やっぱり思いの他タイムが上がらない。
自分は1コーナーでリズムを作るのでそこが攻め切れてないと全体的に・・・
絶対に振り返らないと決めていましたが3周目付近でやっぱり気になって振り返るwww
ベッタベタにつける3番手スタートの仲村選手と石川選手が虎視眈々と狙う展開。
Jrクラスの子は体重が軽いのでSPと競っている感じw
ストレート、裏ストエンドで姿を見せてくる仲村選手に前半何とか踏ん張る。
半分過ぎた6周回付近。前半頑張り過ぎたせいか熱ダレでストレートが走らなくなり、焦って手前から開けたらラインが大きく外れる・・・
2番手仲村選手は流石に見逃してはくれず裏ストエンドで2番手降格。
すぐに石川選手にもかわされ3番手。
どうにもストレート走らないのでついてもいけず・・・そのままゴールmotorsports


悔しい悔しい総合3位。クラス1位。
Dsc_0205

HRCトロフィーになっての初めての1位。HRCのトロフィーは豪華ですなwww
今回は乗れてなかった。練習不足が原因ですが。次戦までに何か対策を考えます。


くやしぃ~
動画は・・・また気の向いたときにw

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年11月28日 (火)

生名GP 最終戦

今年の締めのレースになるのかな?

超がつくほど苦手意識しかない生名サーキット。
勉強になるとはわかってはいてもなかなか足が向きませんでしたが・・・
一皮向けないかと行ってきました。


11/25
前日練習する予定で24日の夜から生名へ向けて出発。
フェリー乗り場前のローソンで仮眠を取り、始発で生名島。

一番乗りし、10時付近から走行開始。
前回ノーマルで走ったファイナル14-36でスタート。
久しぶりの生名サーキットはやっぱり難しく、前回ノーマルでの走行の35.8から1秒落ちの36秒後半がやっとww
これは・・・まずい(A;´・ω・)アセアセ

ニンジンを探すもタイミングが悪くなかなかタイムが上がってこない。
最高回転数は9500ちょろ。この調子なら1丁ショートに振った方がいんじゃないかな~???

なんて思いつつも、それでも前回のタイムは超えとかないと・・・とそのまま走行。
アクセルのタイミング、ライン等々を探りながら36秒フラット。

夕方。
やっぱりもう少しショートな方がいい気がする。14-37に変更。日が暮れてしまったので明日試すことに。

11/26
公式練習。
ファイナルはこっちの方が良いらしく、35.75。ほにょっと自己ベスト更新。
ライバル植月選手の動向が気になるので探りに行くw
譲ってもらったままの車両らしく、Rサス抜けてて、Fもフォーク曲がってるかも・・・なんて言いながら36秒前半。
流石に上手いな~・・・


予選。
タイムは自己申告なのだが、ラップマーカーが上手く起動せず、タイムが計れない。
唯一拾った36.02で申告。
帰ってストップウォッチ片手に動画見ながら計ったら35.5では回れていたみたいだけど、計れてないのは無効ってことで(ρ_;)

シニアクラス予選8番手。7番手の植月選手は35.5?
リアサス抜けてる車両には負けられません(A;´・ω・)アセアセ


決勝。
こんなに後ろのグリッドからスタートは久しぶりw
去年の生駒以来かな?
特に緊張も無くサイティングラップ。バッチリスタート決めて3番手付近まで浮上。
サイティング2周回りながらこれそのまま決勝レースだったら良かったになんて考えたり・・・


レッドシグナル点灯~消灯でレーススタート!!
若干消灯までの時間がサイティングの時より長く、タイミングが外れウィリーアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

植月選手の前に出る予定が17インチの方に間に入られ追いかける展開。
ストレートの速いSP車両が相手だと、なかなか前に出られず、少しづつ植月選手が離れていく・・・
どうしたもんかと考えていると、3コーナーで17インチの方が失敗。チャーンス!!
4で無理くりねじ込み8番手浮上。前を行く植月選手を追いかけます。
タイムは35.7。なかなか追いつけません・・・ち~ん・・・
そのままゴールmotorsports


また負けた(´・ω・`)ショボーン


レースの動画はササダファクトリー様より拝借。


まぁしかし、ここら辺りが今の実力でしょう。

来年はもう少し生名に通って、ノーマルのレコードタイムに迫りたいと思います。
生名な皆様お疲れ様でした~^^
凄く苦手なサーキットですが、毎回楽しいです。またお願いします!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

2017 タマダカップ最終戦 耐久編

最終戦の耐久は今年ほとんどミニバイクに乗ってない佐藤選手を乗せるべく、急遽いまにしぇん選手に打診。

快く引き受けてくれて、さらに準備も全部丸投げ(笑)
当然何もしていない車両は当日朝、車から下ろす所から全部佐藤選手に丸投げし、スプリントレースのあるトオルといまにしぇん選手はレースに集中します。

公式練習。

なんかめちゃめちゃ重たいんですけどこの車両・・・と佐藤選手。
Fディスク曲がってるみたいw
まぁ決勝はホイールごとディスクも差し替えるからってことでOKってことにw

耐久予選 出走佐藤選手
ボロタイヤの中から吟味した中のボロタイヤは何年前製???
溝はあっても油っけのないゴムはグリップせず42秒中盤(笑)


Gdthumb_3


続いて第2ライダー耐久予選 出走前夜じゃんけんで負けたいまにしぇん選手

直前になってキックペダル無いからピットスタート???
じゃぁ走んなくても良いよね?
・・・乗換えで調子崩したくないいまにしぇん選手は直前で乗車拒否www
Gdthumb_4

ピットスタートの一番後ろからの出走決定www
決勝に向けてタイヤ交換。
16年製 レーシングバトラックス S01ソフト S02ミディアム。
温存していた良品タイヤにスイッチ。ん?ロード用???気にしなぁ~いw

迎えた決勝レース。
1番手佐藤選手。
馴れないマシンにシフトタイミングも解らないまま決勝へと放り込まれた佐藤選手は苦戦中。
コースインした時点で直ぐ後ろにいたトップに1ラップされるも踏みとどまる。

徐々にペースを上げ予選とほぼ変わらないタイムへ。

20分走りきり第2ライダートオルへとスイッチ。
よくよく考えると、全くの初めてのマシン。クラッチレバーの位置はおかしく指が挟まる。
ファイナルは1丁ロングか?後ろが全く動かないサスはアクセルONが遅れる・・・
佐藤選手良く乗ってたなーー;
何もしてないので文句は有りませんが・・・
エンジンはすこぶる調子が良く山本パパのエンジンより速いか???
が、物凄く狭い半クラに翻弄されながら41秒中盤辺りをうろうろ。

20分の走行時間を終え3番手いまにしぇん選手にスイッチ。
車両の持ち主なので安心して放置www

スプリント終わった後の耐久の20分って長いなw
40分のインターバルがあるのでその間にスプリントで使ったNSFのキャブ清掃等片付け。


20分後再び佐藤選手出走。
いまにしぇん選手曰く、「はぁタイヤズルズルよ」
1時間で???ロード用が???乗ったときに感じてましたが・・・サスセット大幅にずれてますね(笑)
今更どうにも出来ないので我慢耐久。コケたら負けよチーム内レース勃発。

252118601_624v1509894955

タイヤがズルズルな感じが伝わってきますねw
252118640_thumbnailv1509895027
佐藤選手コースインから20分経過・・・2人ともスプリント走ったし、佐藤選手にもう少し乗ってもらおうへ(´∀`ヘ)へ))カサカサ

25分経過・・・まだ大丈夫そうじゃね?
30分経過・・・・流石にもう引っ張れそうに無いので仕方なく交替。トオル出走。


コースインして4コーナーで半クラ当てた瞬間にRの接地感0wobbly
あぶな!コケルかと思ったし。
数周回るとだいぶ解ってきた。
左は無理w ブレーキも挙動がおかしいw 頑張れるのは右コーナーのみ!!
右コーナーって・・・2つしかないや~ん(つд⊂)エーン


252118925_thumbnailv1509895520


出来るだけ順位を落とさないように、コケないように慎重に走行していたら、メインストレートで多重クラッシュがあったよう。

252118798_624v1510081333

このまま赤旗となり、競技の結果満場一致でこのままレース終了となりました。
巻き込まれた方々怪我大丈夫かな???
Gdthumb_5



Dsc_0180
サスセットが大幅に外れてるとこんなんなりますw
一時間でこれは駄目でしょう^^;
まぁ楽しかったので、終わりよければ全てよしです!!
しぇんさんありがとー^^
今年も一年タマダカップ参戦の皆様、運営の方々、応援してくれた方々有難う御座いました!!
今年も大きな怪我無く、楽しく終えることが出来ました。
来年に向けての課題も見えて、この冬はやる事が尽きることは無さそうです。
おしまい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

2017 タマダカップ 最終戦 SPクラス編

続いてSPクラス編。

金曜、土曜と仕事で練習にこれなかった弘樹。
この日は公式練習から調子は悪くないよう。

予選。

まだまだ路面温度は低いものの、路面温度的には上々。
「ノーマルで予選走った感じ、路面状況は悪くない。ベスト更新狙っていけ!」と送り出す。
いつも調子が出てくるのは、結構走った後の弘樹ですが、この日は5周で自己ベストと同タイム39.65。予選2番手タイム。上出来up
が・・・ポール山田選手はレコード更新の39.066秒まで縮めブッチギリのポールcoldsweats02


3番手小椋選手39.724。4番手植月選手40.062。
驚いたのが5番手足立選手40.173。なんと自己ベストをコンマ9秒近く縮めての好タイム。

Gdthumb_2


決勝。


スタートは上々でトップ。ここまではいつも通りか。

レース中、植月選手が前に出てから、どうやったら入れるか自分なりに研究していたそう。
39秒台の速度域でそこまで考えれる余裕があるってことはまだまだ伸びしろが有りそう。
弘樹がこのモードに入ると、とにかくシツコイwww

植月選手も前だけ見て付いて行きたい所だっただろうけど、あんだけチラチラ姿見せられたら嫌でも抑えに行くしかなくなる。
最後は植月選手のミスで前に出れたけど、今回の弘樹はいつもと違ったように見えました。

自己ベストも5周目で更新の39.561up
長いブランクから抜け出し自己ベスト更新まで来た。
予選終了時、「もう後コンマ1欲しいね」って話していたんですが、まさかの決勝で出してくるとは!
現状の実力から言ってこの日の出来は期待も込めて辛口採点で90点。
残り10点は、1発で決められなかった所と、1つ課題のコーナーを見つけました。
昔は最速だったコーナーなんだけどなぁ・・・



そしてそしてタマダ4ST最速の漢 小椋選手が僅か1ポイント差で山田選手を破りシリーズチャンピオン獲得up
おめでとう御座いましたsign03かっこよかった~^^

2時間耐久編へ続く・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月 3日 (火)

タマダカップ 第3戦 山本ママ撮影分

NSFトロフィー CHクラス 決勝



SPクラス 決勝



( ̄○ ̄;)!渾身のガッツポーズを決めた予選の動画がない(´Д⊂グスン
誰か持ってたら下さい 人( ̄ω ̄;)


日曜日は全日本の応援に行ってきました。
弘樹が土曜の夕方にうちに来て、飯食って風呂入って、早めに就寝。
AM03:30に家を出発し田中兄さん邸へ。
田中兄さんちの車に乗換え岡山国際に向けて出発。
応援だけで行くのは初めて。
無事到着し、公式練習から観戦。
関東から来られてるWJさんは残念ながらマシントラブルによりリタイア(;ω;)
カジタの山本さんはリボルバーバイパーでハイサイド転倒アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
丁度観戦していた目の前だったので衝撃でした。怪我がたいしたことなければ良いのですが・・・



安村さんは終始トップグループで流石でした。

伊達君は最終コーナーで勝負にいきましたが曲がりきれずコースアウトで順位を下げてしまいました。
1つでも上へって気持ちが伝わってきましたが勿体無かったですね^^:
その他のレースも観戦して帰路に着きました。歩きすぎて足が棒になりました。
普段の運動不足が・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月25日 (月)

タマダカップ 第3戦 

レース1週間前。

嫁さんの作ったお好み焼を食べた後から酷い下痢。
ちょっと体重も58kあったので丁度いいかと楽観視していたけど、予想以上に酷く、1日1Kペースで体重が落ち、金曜日には53Kになっていた。5K減は流石にないわぁ!!(゚ロ゚屮)屮



22日金曜日。
前日の天気予報を見て練習計画を立て、晴れるなら金曜にボロタイヤで走りまくって目を慣らし、土曜日良いタイヤでレコード付近のタイムを出しといて、日曜レースでレコード更新。

天気は昼間は持ちそうな感じだったので急遽荷物を積み込みタマダへ向けて出発。
千代田越えた辺りから若干路面がウェッティー(´Д⊂グスン
タマダに到着も案の定路面はウェット。ち~ん・・・出鼻をいきなり挫かれた。

お昼付近、路面はドライになってきたけど、雨雲レーダーは真っ青・・・


Line_1506051412178


この日は最高気温も20℃に届かず。ジャンバー持ってくればよかったけど何も持ってきてないので毛布にくるまり昼寝w
お腹の具合もよくないし・・・

Dsc_0176

目が覚めたらフルウェット。あまりに寒いので早めに可部の湯につかりに行きました。
夜。山本君が到着も1人???
無口な男弘樹と2人にされたタマダの夜・・・会話が続かねぇ~ww
次2人きりになる時はトランプかUNOでも準備しとこう(笑)
早めに就寝。


23日土曜日。
一日走る予定で申し込んだけど、次の日の体力も考え半日に変更。かわりにレスコン借りました。
良いタイヤを履き、植月選手に張り付く。
流石に速くじりじり離されるも、1個目の右の進入の仕方がハマッたflair

SPやってる時もここで植月選手に離されてて走り方を聞いたりしていたんですが、良い感触を掴みました。SPで散々走って気が付かなかったことにやっと気が付いた!!
植月選手の言っていたのはこういうことかflair

有難う御座います!!
タイムは40.68。
もう少しいきたいけど今日欲かくとろくなことがないので良しとしましょう。


24日 レース当日。
公式練習。スプリント混走(SP,NSF,チャレンジ)
前日の感覚を忘れない為にもここは是非とも植月選手に張り付いておきたいところ。
植月選手も察してくれたのか引っ張ってくれる。なんて良い人だshine


結構他の車両に詰ったりしながらも40秒台にとりあえず入った。感じは悪くない。
後はマシンと新品タイヤを信じてレコードを目指します。
流石にちょっと緊張\(;゚∇゚)/
出走前にチャンプ山田選手に39秒出すなら今日しか有りませんよ!!ってプレッシャーをかけられるw
ここ最近あまり調子良くないので出るかなぁ・・・・


予選。
1周目から40秒には入れておきたい。
皮むきしながら、徐々にペースアップ。
1周目 40.9。裏ストエンドから速度を落とさないように心がけアタック。
1コーナー、2週間前の練習でぶっ飛んでいるので、ちょ~こえぇ~しι(´Д`υ)アセアセ
この恐怖心を2周も3周もやらなきゃいけないのはもっと嫌なんで、スロットルを戻さず開ける!!

4コーナー車速をできるだけ落とさないように。
切り替えしてからの右。掴んだコツを意識して右コーナーの立ち上がりに成功。
裏ストエンド、出来るだけ速度は保ったままいきたいけど、ここは小回りを意識して切り替えしての左で速めにアクセルON!!
ギャップでRが跳ねてるけど構わずGO~。
最終。ここまで来たら絶対アクセルはもどさねぇし(`ε´) と気合の全開!!
ちょっと力が入りすぎてコントロールタワー手前で5速に上がらず4速のままレブ(lll゚Д゚)


うわぁ~最後の最後でしくった~とラップタイマーに目をやると40.4 (*゚∀゚)=3 ムッハー!!
念の為電工掲示板に目をやると間違いなく40.4。
やったぁ~;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

Dsc_0177


優勝したかのようなはしゃぎっぷりでピットに向かって渾身のガッツポーズrock


やっと杉田さんのレコードを越えれたよ~。*((艸д・。`*)゜*。

前回2戦で100分の1届かず悔しい思いをしてから数ヶ月。
練習で非公式ながら出るよと見せてくれた小椋選手。
何度も引っ張ってくれた弘樹。
レース前日~公式練習まで自分のレースがあるにもかかわらずヒントをくれた植月選手。わざわざプレッシャーをかけに来てくれた山田選手w 
超絶晴れ男の称号を欲しいままに奇跡の晴れのレースを主催してくれるHMF増田社長。
皆様の協力で何とか達成できました。
有難う御座いましたsign03
ほんと最高の人たちに恵まれましたよ。感謝っす。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




あまりの嬉しさに決勝レースを忘れてしまいそうでしたが続けますwww


タイム差が有り過ぎるから中古ボロタイヤで良いじゃろsign02空気読めよ。と半ば強引に山本パパに脅され?決勝は中古タイヤで。

流石にFは1コーナーで飛んでいっちゃうんで良品中古。
Rは使い倒したボロを入れる・・・予定でしたが、お父ちゃんが見ていない間にこっそり良品中古を入れておきましたwww

決勝。
不思議なもので、グリットに並ぶと勝ちたい!!って気持ちが強くなるもので、スタートから頑張りましたw


立ちゴケ君のアナウンスでは余裕みたいに言ってますが、山本パパのペースが予想以上に速く結構頑張りましたよ(^-^;

今回、決勝は考えずにオイルを柔らかいオイルにしていたので後半は熱ダレで全く進みませんでした(゚ー゚;

後半ヤバイかなぁとも思いましたが山本パパの方は人間が熱ダレしてしまったようですw



2017/9/24 NSF100 ノーマルデータ
ファイナル 14-33
キャブ メイン98 スロー35
フォーク 突き出し5mm 片側ハードバネ 
フォークオイル ワコーズ#10 油面110mm 
Rサス ハード(黄バネ)フリーから5mm締め 入り1回転戻し 戻り4分の1回転戻し
エンジンオイル スピードハート リバーレ 2.5W25 
パット デイトナゴールデン
シートカウル beehouse
ステップ ハナミズキ製
基本トロフィークラスなんで触れる所は限られてますが、だからこそ、限られた範囲で出来ることをやる!


前回100分の1秒差で越えられなかったので、今回はエンジンも真剣に作り直し、レース前には1度バラして各部グリスアップ&清掃、オイル交換、Fフォーク曲がりチェック、スプリングのヘタリチェック。チェーン清掃。プラグ交換。排気漏れチェック。カウルワックス掛け等々。とにかく思いつくことを全てやりきってレースに挑みました。

どのクラスも趣味だけど本気でやってライバルと戦うから面白いんだと思います。
その分、時間、お金、家族等々色々犠牲にしてますが・・・理解してくれる嫁さんに感謝です。

お腹の痛くなるお好み焼は日頃の恨みかもしれませんが・・・(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧