カテゴリー「レース」の記事

レース

2017年5月29日 (月)

タマダカップ 第2戦

タマダカップ初となるNSFトロフィー、SPのWエントリーに体力を少しでも温存しておく為に恒例の前夜のタマダで宴会をいつもより1時間早く切り上げて就寝。

朝5時。
いつもより1時間早く起床・・・意味無いがな(/□≦、)

おっさんになったのでしょうがない。レースの準備w
いつもは公式練習終わってから新品タイヤに交換するのですが、Wエントリーで2台替えないといけなくなるので、朝1の公式練習は皮むきと計測器の確認だけして体力温存の方向で準備。
燃料も決勝が終わるまでもつくらい充填。出来る限り何もしない方向でwww


前日の練習でもそこそこ使ったボロタイヤで40.8が出ているので、まぁ新品タイヤとレーステンションでレコード更新は確実かな( ̄ー ̄)ニヤリ
SPの方は、絶好調の兆しを見せている山本選手を援護出来ればOK。



佐藤さんが手伝いに来てくれてここから先は全部サポートしてくれます。感謝感謝m(_ _)m


公式練習。
タイヤの皮むきとポンダーの確認。取り合えず少しでも目を慣らすのにSPから乗ってノーマルに乗りかえ。時間が少ないので忙しいw
3周づつしか回っていないが既に肩で息してます。
マシンの方は佐藤監督に任せて、日陰で少し仮眠取ります。
冷たいピットのコンクリートが気持ち良いので寝転がりますが、5分もしないうちに全身ひえひえwww 寒い!!


トロフィークラス予選。
少し緊張してたんですが、ピットインゲートでHMFのスタッフの方と話してたら少し緊張が解けました。
レコード更新だけを狙ってのWエントリー。トロフィークラスの方はここが勝負所。
タイムを出すならまだ気温の上がっていない予選だけと思っているので初めから飛ばします。
が・・・公式練習まともに走っていないので目が付いていかない・・・
41.2。
アクセル閉じてるなぁ~と意識して40.8。
むむむ・・・もっと楽にいけるんじゃないかと思ってたけどなかなか出ない。
最後の1周と腹くくってコケるつもりでアタック!!途中まではタイム更新確実な区間タイムでしたが、裏ストエンドで突っ込み過ぎてリカバリーするも・・・40.657(;´д`)トホホ…
コースレコードまで0.014秒届かず・・・杉田選手の壁は高かった(´・ω・`)ショボーン

レースの世界にタラレバはありませんが、もう少し出来た所は沢山あったので悔しさしか残りませんでした。


予選動画。

ノーマルの方の参考に少しでもなれば嬉しいので、スペックを公開。

NSF100 
・キャブ スロー#35 メイン#100(スローはノーマルの35Sだとボヤけた感じになります)
・フォーク ワコーズ ブレンド#7.5 スプリング、シートパイプノーマル、イニシャル全抜き
・Rサス 黄バネ フリーから5mm締め込み。入り側全締め一回点戻し、戻り側全締め45度戻し。
・オイル チタニック NSF専用オイル
・ファイナル 15-36
・パット デイトナゴールデン
・シートカウル takezo男前シート SMG5mmシートバックステー。

上記以外は出荷状態のままです。

続いてSPクラス予選。
一度ヘルメットを脱いで気持ちを切り替えます。
恐らく一番前で出ても今回は目が付いてこないので中盤でコースイン。
数台抜かして、少し距離のある所に磯村選手と梶川選手。
離れた所からニンジンにしてアタックも・・・SPってストレート速いんじゃね?コーナークイックに曲がるんだね?
器用な方ではないので乗換え効かず撃沈w 2周でアタックはやめて40.036。
5番手を覚悟してましたが、小椋選手と植月選手のタイムが伸びず予選フロントロー3番手。出来すぎでしょうw
少し時間が空いて、昼一でスプリント決勝。

NSF、チャレンジクラス決勝。

昼一なんで気温が高く、レコードを狙うのは自分には無理なので、SPのことも考え、序盤逃げ切り、後半は流して体力温存したい所。

序盤逃げ切り成功し、流しながら走行も・・・トロフィーの2位争いの4台が接近していて楽しそう。
メインストレートと裏ストレートで見物w
「おっ!?竹内選手が前に出た!川又選手は電池切れか?」
めっちゃ楽しそう。
この4人とも、めっちゃタマダで走り込んでいるのを見ているので頑張って欲しい所。
初参戦2位と好成績を残した竹内選手は、レースに合わせて減量&走り込みなど精力的にやっていた結果だと思います。ただ・・・簡単に勝ったらおもんないっしょ!?
邪魔しますよ( ´艸`)プププ
動画見てて勿体無いなぁって、思う箇所があるんで今度練習の時にでもgood

流して走ってもあの暑さでの12周はしんどいもんでピットに帰ってがぶ飲みで扇風機で強制冷却。

インターバルが5分しかないのでヘルメットも被ったまま、すぐに乗換えてSPクラス決勝。

フラッグのタイミングがいつもより1秒程度遅いのはノーマルクラスで確認済みだったので、スタートは可も無く不可も無く。

が、スタート直後1コーナー。
イン側に小椋選手。更にイン側に山田選手。
一番アウト側にトオル。嫌な予感しかしないので少しアウトに逃げた瞬間山田選手と小椋選手が接触。自分のRタイヤに何かがヒットしながら視界から2台とも消えていきました。
ふぅ~アウトに逃げといて良かったwww

1周目、ヤマダ選手がリタイヤなのは確認出来たが小椋選手は???再スタート切ったのかな?
トップ山本選手。トオルの体力は最後まで持ちそうに無いので、ここはチームオーダー発動で。
順調にアドバンテージを築く山本選手。2番手トオル。後ろに4STサウンドが聞こえるので植月選手か!?
3周目?4周目?4コーナーで山本選手ミス(ノ_-。)
築いたアドバンテージを3分の1まで減らし、何やってんの!?
すぐに植月選手にかわされトオル3番手後退。その次の周の4コーナーで小椋選手にかわされトオル4番手後退。
えぇ~!?小椋選手あれでコケなかったの!?Σ(゚□゚(゚□゚*)
山本選手・・・すまん。電池切れでこれ以上のサポートはしてやれない。後はガンバwww
残り5周。既に電池が切れて、マシンを押さえつけることが出来ずタイムは急降下。
後ろを確認するとストレート半分くらいの差で磯村選手。
押さえが利かずタイムが上がらないのでやばいかな?と思いましたがそのまま逃げ切り4位でゴールmotorsports

1位小椋選手、2位山本選手、3位植月選手。チャンピオンまさかのノーポイント!

めっちゃ疲れた悔いの残るレースでした。
トオル残念賞獲得!


決勝動画はみやっちさん提供。
次は最速王決定戦?頑張ります!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

タマダカップ 2017開幕戦 04/09 後編

迎えた4/9朝。

路面はウェットだが降る気配は無さそう。
徐々に乾き出し公式練習時には一個目の右以外はドライ。
公式練習、OP走行。
取り合えず、高速コーナーでのアンダーが出ていたので変更した足回りの確認。ポンダーの確認だけ数周走り、ピットイン。
絶好調な山田選手、小椋選手、山本選手は40秒台前半?
路面はドライになったようです。

予選。
いつものように1番手で入り、アタック開始。
曇り予報だとSOLOは正確には拾わないので、電工掲示板を見るも良く見えない。
まぁ実力以上のものは出せないので4周全開走行でピットイン。
しぇんさんが駆け寄ってきてくれて、「何番手ですか?」「今2番手よ」。
お。上出来。タイムは自己ベスト更新の39.788。
一番手は山田選手。恐らく終わるまでには小椋選手と山本選手は前に出てくるかな?
植月選手の動向が気になる所。出来れば4番手内側でスタートしたい所だけど・・・
すぐに小椋選手にかわされ3番手降格。
山本選手は山田選手をニンジンにしようとするもまんまと罠にはまってタイムアップ出来ずw
結局そのままの順位で1番手山田選手。2番手小椋選手。3番手トオル。4番手山本選手。5番手植月選手と続きます。
Gdthumb


3番手フロントロー大外からのスタート。2STの山田選手はともかく、小椋選手、山本選手、植月選手の前に出れるかどうか・・・
予選が終わり、山本選手が「暇なんです~」とかって探りを入れに来るw
「イン側スタートなんだけぇ有利よ?スタートは絶対成功させろよ!」とアドバイス???
いっしょに植月選手の所へ行き動向を偵察。
中速はいいんだけど、開け始めがもう少し・・・後、Rが滑るわ~と植月選手。
今ひとつ調子が上がらないらしい。決勝滑って無理って思ったら先に行ってよ~とか言ってますw

決勝。

10018976
全車グリッドに付き、サイティングラップ。
再びグリッドに付き、レーススタート!!
おっ?おぉ!?フライングゲット……(ノ゚ο゚)ノ
若干グレーなスタートを切り、トップ浮上(笑)
黒旗は・・・出てない。ふぅ~・・・。
1周目をトップで周り、2周目。後ろで4STサウンドが聞こえるけど、なかなか仕掛けてこないってことは山本選手か???

10018980
3周目。4コーナーで転倒したのか植月選手のカラーリングのマシンが止まってる。滑るって言ってたしなぁ・・・

と、裏ストレートエンドのフルブレーキ時に左側ハンドルが若干?動いた?
気のせいかとストレートで確認するも左だけ前方に動いてました。
左側ハンドルは曲がっていたので予備と交換したばかり。しっかりと規定トルクで閉めているはずなんだけど・・・不良品だったようです。
4周目。前に出たハンドルで、左は大丈夫だか、右コーナーはカウルとハンドルに挟まるのでハンドルが切れず。何とか堪えながらの走行。裏ストレートエンドで転倒したはずの植月選手が差してきた!あれ?じゃぁ転倒は金田選手w  体を張ったチームオーダーですか!?侮れませんΣ(`0´*)

続く最終一個手前の切り返しで物凄い勢いで飛び込んでくる山田選手。
植月選手にかわされて失速したとはいえ・・・凹む抜き方してくるわぁ~(/□≦、)

10018991


山田選手も何度か仕掛けにいきますが、植月選手上手いのでなかなか出れないよう。
我慢して付いていきます。
3コーナーで小椋選手が前に出て、4番手。山田選手は植月選手をかわしトップ。
山田選手、植月選手、小椋選手、トオルの順に変わります。
必死に付いて行くと、最終コーナーで植月選手のRが滑り、失速。ゴチになります!!

1コーナーで飛び込み3番手浮上。
前を行く小椋選手を追いかけていると、裏ストレートエンドで赤いマシンが飛び込んでくる。
山本選手・・・居たの???(笑
どうやらプレッシャーをかけたスタート失敗。追いつくまでに時間がかかったようです。
油断していたわけではないですが完全に入られ、4番手降格。
と・・・最終コーナーで消えていく山本選手w
どうやら追い上げて抜かして前に出たのがめっちゃ気持ちよかったらしくテンションUPup
アンダーが出てもそのままアクセル全開くれて、フロントからグッパイ( ´艸`)プププ

Gdthumb_1

よくやった!!見せ場は作ったな(笑)

なんか4番手に降格したような気がしたが3番手w
残り周回は2周。
前に出たハンドルのせいで左腕がパンパンι(´Д`υ)アセアセ

裏ストレートで後ろを振り返ると、狙ってますぜぇ~!!的な顔をする植月選手ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

裏ストレートエンドは入られないようにブロックしたものの、続く切り替えしで入られやっぱり4番手降格(つд⊂)エーン

最終ラップもこけない様にするのが精一杯で何も出来ずにそのままゴールmotorsports
終わってみればトップは山田君独走。ライバル植月選手にも完敗でした。
タマダカップの表彰台は高いですなぁ・・・もっと練習します(´Д⊂グスン

Gdthumb_2


もう少し、あと少し頑張ります!!


決勝結果
Ta


Gdthumb_3

山本パパ選手も自己ベスト更新で遂に40秒台!!



和田工房さん撮影動画

勝手にお借りしました。問題があれば言ってください~m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タマダカップ 2017開幕戦 04/09 前編

話は一週間前から始まります。

一週間前。広島地方気象台の予報によると、4/9 雨 80% A判定。
A判定となると、まぁほぼ変わることがない。
となると初戦は雨。
となると、SPとノーマルのマシン差はほぼなくなる。前日も雨予報なので、ノーマルのCDIだけ換えて、雨セットにしておくことに。ボックスもついているのでキャブが雨を吸う心配もないし。
レインタイヤは新品調達+田中兄選手から中古レインを譲ってもらって、前日雨練の準備も整った!!
恐らくライバル達は前日雨なら走ることはないだろう。そこで走りこんで差をつけてやる( ̄ー ̄)ニヤリ

と一週間前からレインの準備ばかりしていた金曜日。
天気予報が変わり日曜晴れ・・・( ゚д゚)ポカーン

お、終わった・・・俺のエロい作戦が・・・終わった・・・ち~ん・・・
急遽ドライの準備をし、読めない天気に対応すべく、取り合えず2台積みでタイヤも両方準備。
Dsc_0144

マシンも2倍。タイヤも2倍。+雨具・・・満載になりましたw
土曜朝。
5時半起床ですぐに出発。
7時半着でゲート前1番乗りで待機。
8時半ゲートオープンでピットにトランポを着け、マシンを下ろすべくリアゲートを開け・・・あれ?鍵が???
閉めた覚えはないが???
再び鍵を開けるべく運転席へ。あれ???鍵しまってる???
う~んと・・・車のキーは・・・刺さってるね?
一周回ってみる。
どこも鍵が閉まっている。え???これは・・・インキー???
えぇ!?ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
ゲート前で待っている間に鍵閉めちゃった???
いやでも車の鍵って内側から閉めてもドアノブ開けながらじゃないと閉まらないんじゃ・・・
取り合えずタマダの従業員さんに助けを求めてみる。JAFには入ってないし・・・
開けたことある?見たことはある。いや、それは俺もあるけど・・・
アルミの定規を貸してくれて、見よう見まねでやってみる。
当然開かない・・・
従業員さん「この窓割りましょうか?ここならそんな高くないっしょ?」
いやいや待て待て。この霧雨の降る中割ったら今晩寝るとこねーじゃねーかヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;
と、そうこうしていると、増田選手登場。
バイク屋さんなら・・・

「開けた事ある?」「いやぁ車は・・・」
うんうん。そうだよね?・・・俺もねーもんwww


これで開いたら奇跡よね~。なんて運転席側でガチャガチャやるトオル。
助手席側で同じようにガチャガチャやる増田選手。
と、ふと見ると助手席側の鍵が開いてる!!(゚ロ゚屮)屮


おぉ!!マジ奇跡!!www
増田選手有難う御座いましたsign03
今度コーヒーでも奢りますね(人><。)


ふぅ・・・事件解決でやっとマシンをピットに下ろし、天気予報とにらめっこ。
ニッシー選手と磯村さんも到着し、雑談www
コースでは視界10mの濃い霧の中、モトライドの皆様と初参戦の生名っ子 虎太郎選手が勢力的に練習。

虎太郎選手・・・普通に速いぞ!?ヾ(.;.;゚Д゚)ノヤベェ

コッソリタイムを計測すると44秒前半。後半43秒中盤まで詰めている。
流石は未来のGPライダー。今度サイン貰っとこうw
走ろうかどうしようか悩んだけど、日曜の降水確率はグングン下がり、晴れ決定???
今雨走って濡れるのも嫌だ・・・結局雑談で夕方まで待機(笑)
午後4時。
帰る予定だったニッシー選手を拉致って、磯村選手と3人で明るいうちから温泉。
買出しをして戻り、前夜の部スタートwww
徐々に人数が増えていき、気が付いたら無料休憩所内は満杯状態(笑)
午前0時付近。
宴はまだ続いているがいつもの様にコッソリ抜け出し就寝。
明日のレースの展開を妄想しつつ眠りにつきました。
後編へ続く
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

モトチャンプ杯 最終戦 スポーツランド生駒

スポーツランド生駒に遠征に行ってきました。

コーダイ君情報によると、前日土曜はクラス分けが多いのでまともには走れないというので、急遽金曜入り。
植月さんも来てくれて練習。初生駒。
動画で散々見たつもりでいたのですが、実際走ってみると、結構タイトでストップ&ゴーなコース。苦手な生名サーキットを少し広くしたような感じ・・・
コースインして3周。1コーナーで動画通りアクセルオンにしたらギャップに乗って飛びました(笑)
タイムは34フラ・・・マズイ・・・周回遅れになるタイムしか出ませんcoldsweats02
難しい(/□≦、)
33秒台で走る植月さんに引っ張ってもらいますが、最終手前のシフトアップが上手くできず離されます。
土曜日。
植月さんは仕事の為、来れないのでこの日は1人。
クラス分けが有り一時間に1本10分の走行。
FP4STと混走です。SP12の方々は速過ぎてついてすらいけないのでFPのシグナスに引っ張ってもらい、何とか33.5秒。
SP12の方々はV字コーナー抜け最終立ち上がったら・・・既に居ませんけど・・・ヾ(.;.;゚Д゚)ノ
あかーん。あかん奴や アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
日曜。
ゲートオープン6時過ぎて入場。
辺りは真っ暗ですが、荷物を下ろし準備。
クラスも多く、人も沢山居るので雰囲気にのまれ、帰りたい衝動MAXでしたが、応援に植月さん金田さん杉島さんと連れの方が来てくれて、アウェー感が少し和らぎましたw
3日間で一番暖かく、路面温度を気にしなく走れます。
公式練習。5分。前日タイムを更新できず。なんとなくコースの癖っていうのか解ってきた気がしますが、もう一歩がいけない。
予選。
前日より離される感が少なくなったけどV字から最終コーナーの区間で離されるのは相変わらず。出来ることをやるしかないので、しっかりアクセルを開けて止まる所はしっかり止まることを心がけ、タイムは33.378。予選11番手。

お昼休み。ラーメンを食し、佐世保バーガーを食べ、すっかり観光気分のチームHMF(笑

Img_8782
決勝
Img_8792

ライバルがどうとか、全くそんな位置にも居ないので緊張することもなく(ノ_-。)
コースインの順番もグリッド順だと知らず前のほうに並んで一番後ろまで下げられるw
恥ずかしい~(笑)

前を走る人を必死に追いかけることだけを考えてグリッドに並びます。
ブラックアウトで全車スタート!
タイミングが全く合わずにツーリングスタートで11番手で1コーナーへ
2周位はビックリするほどの混雑具合W
あの中には入りたくねぇなぁ~ガツガツ当たってるし( ̄Д ̄;;
3周くらいするとスクリーンが曇って前が見えなくなりました(゚ー゚;
この時期曇り止めのマスクはいりますねヾ(_ _*)ハンセイ・・・

Img_8823

ジリジリ離される・・・の図。
前もバラケて次第にペースが上がってくるとスクリーンが曇って前が見えず、少しずつ離れていく。
Img_8863
他のコーナーはそうでもないけどこのV字から先でガッツリ離れる・・・コンマ5以上は落ちてる気がする。
その後、何も出来ずに初モトチャンプ杯はブービー賞でした(´Д⊂グスン

正直もう少しいけると思っていましたが、思った以上に難しいコースを攻略できず何も出来ずに終わってしまいました。
コッソリ練習しに行って、また来年リベンジしたいですね(^-^;
もうコンマ5上げれば絡めると思うんでそしたらもっと得れる物もあるんじゃないかなぁ?
今よりももう少し速くなりたいsign01
今年のレースはこれで終わりです~。
Img_8645_2

写真提供は杉島さんでお送りしました。忙しい中有難う御座いました!
手伝い&応援に来てくれた方々有難う御座いました!!
次は一緒に参戦でお願いしますsign03皆で出れば怖くないw

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

タマダカップ 最終戦

最終戦 晴れ。風が強く、1コーナーに葉っぱが散乱しているほどの風の強さ。気温20度くらい?

公式練習はNSF,チャレンジクラス混走なので結構な台数。
なかなかクリアラップを取ることが出来ず41.2で撃沈。
予選。
開始7分前にゲートに陣取り、先頭で入る。


外気温も低く、早めに並んでる分タイヤは冷えるが、15台も居るのでクリアラップは中々取れないと予想し、早めに入ってタイヤの皮むきに1周使い、出来るだけ早い段階で切り上げたい所。
コースイン。慎重にタイヤの皮を剥きながら、ラインを意識して走る。
1周目。遅れてコースインしてきた車両に引っかかる。
ここは目を慣らして次の周アタック。
2周目。多少ラインが外れるも、39.942。
もう少しいけそうな感じはあるけど・・・小椋選手についで、2番手の順位。上出来でしょう。とピットイン。ライバルの動向を探ります。
山田選手に抜かれ3番手、フロントロー獲得で予選を終えます。


10018021


決勝。
スタートで前に出て、山田選手と小椋選手のペースを乱したい所。
サイティングラップ。気持ちシフトレバーが高いようで、スタート時に前に座ると、上げづらい。上げれる位置を探りながらスタートを待ちます。
決勝レース。
絶妙なクラッチミートが決まった!!と思いきや、Fが浮いて失速。その間に山本選手、植月選手にかわされ5番手。気合が空回りしてしまったようです(;;;´Д`)
最終手前の切り返しで山本選手の前に出る植月選手。

最終コーナーでギア抜けして3速のまま回るも思ったほど山本選手のペースが上がっていないらしく何とか喰らいつく。
2周目裏ストレートエンドで多少強引ながらブレーキで詰めてペースの上がらない山本選手をかわし、4位浮上。強引に行ったので少し前との間隔があいてしまったが、追いかけます・・・追いかけます・・・・ひらいていきますヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

徐々にではあるけど苦手なコーナーでコンマ数秒・・・
後ろを見てみると、山本選手も離れているようです。こ、これは・・・我慢大会。
諦めずに追いかけますが、その差が縮まることも詰められることもなく、そのままゴール。
見せ場も何も作れなかったです。

10018023
みやっちさん提供動画

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

タマダカップ 第3戦 

10/2 タマダカップ 第3戦 曇り~晴れ 気温30度位。

朝~6時位に起きると既に立ちゴケ君が運営の準備をしていたので、挨拶だけして、マシンをCピットへ移動。
歯磨きしながら路面を見つめる・・・微妙に湿ってますな。
回復傾向の天気予報とは裏腹に今にも降りそうな微妙な空模様。
女心と秋の空とはよく言ったもの・・・さぁどっちだ。
公式練習。
路面はドライ。Rは・・・まだ溝あるし、Fだけ極上中古タイヤに履き替え体慣らしと路面状況の確認。40秒の中ペースで回るが、一個目の右のイン側に砂が溜まっていてインにつけない。
構わず突っ込んでいくニッシー君。砂煙が上がるほど。
少し早めに帰って、主催者に改善をお願い。


OP走行。

山本君がオプション走行も走ると言うので、砂溜まりの確認してもらう。
大丈夫とのこと。


予選。

山本君にも内緒にしていたが、Fのみダンロップ。事前にテストしたかったんだけど、雨で走れず・・・。事前にDLを使っているDAN君に空気圧1.5Kと聞いていたのだが、公式練習でDLを使った植月選手に情報を頂き、空気圧は冷間1,3kにあわせる。
組む時に解るくらいリムが固いので限界域で跳ねる感じがあるらしい。
走行少し前から口から何か飛び出しそうなドキドキが止まらない。この感じは久しぶり。なんか楽しい。
予選開始。
いつもは一番乗りするけど、なんとなくこの日は中盤辺りから入ってみる。

10017694
クラス分けのお陰でクリアラップを取るのはまったく苦労しない。
皮むきを入念に3周位しながらDLタイヤの状態を探る。
アタック開始。SOLOがうまくタイムを拾ってくれず何秒出ているのか解らない。
取り合えず全開で走る。植月選手の言うとおり、ブレーキの奥の方で跳ねる感覚。
後酷いのが1コーナーの進入。ハネ出すと収まるまで開けれないので結構厳しい。
それでも聞いていた通りクイックに入ってくれるので曲がりやすい。
タイムが解らないのでスロー走行しながらニンジンを探す。
山田選手、付いていったらピットイン・・・小椋選手、付いていったらスローダウン・・・。
しょうがないか、山本選手・・・スローダウン・・・オイ!!
スローダウンしながら電工掲示板のことを思い出す。通りながら確認すると、ゼッケン30 3番手 39秒。
おぉぉぉ公式で入ってんじゃん( ´艸`)プププ
と、小椋選手が1周だけ付き合ってくれた。

10017703
もう少しセットを煮詰めればもっと楽に行けそうな感じ。
Gdthumb


なんとなくではあるけど、決勝は何か起きそうな予感。


決勝。
サイティングラップ。スタートを意識しての最後のミートの練習。
げっ・・・・クラッチのつながりが変ι(´Д`υ)アセアセ
基本スタート以外はあまり半クラは使わないんで繋いでしまえば問題ないけど・・・

決勝スタート。
慎重に繋いで横でウィリーしている小椋選手をかわし2番手。
苦手なインフィールドで若干トップ山本選手と離れるも最終から1コーナーまでのノビはこっちが有利か。
前半いつもペースが上がらない山本選手。出来ればペースアップする前に前に出てペースを乱したい所。
が、オプション走行もしているせいか、思ったより早めにペースアップしだす山本選手。
ついていけないペースじゃないけど、抜きどころが難しいな・・・
すぐ背後には4STサウンド。植月選手か???こちらも今回イケイケなので前に出すとしんどいな~(´~`)。゜○

小椋選手と山田選手の気配が背後から感じ取れないけど・・・2人で絡んだかな?
そうだとするとチャーンス(笑)
淡い期待を胸に走行していると、山本ミサイルが誤作動をおこし、1コーナーでタイヤバリアに向けて発射w

10017775
こらこら。コケるなら後ろの誰かを道づれにしていけよwww
予想外にトップにたってしまった・・・さてどうしよう???
と考えるまでもなく小椋ミサイルが飛んできた。あ、やっぱり居ましたか・・・
立ち上がり失速してフラフラしているので裏ストレートエンドで捻じ込んでみる。お!入れたw
そしてまた4コーナーで差される。

10017778

今度はさっきより立ち上がりが早く、届かない。
一瞬少しブレーキかけすぎた隙を見逃さず最終手前で植月選手が入って来る。この辺りの上手さは流石Σ(`0´*)

その勢いでトップ小椋選手に襲い掛かりそうな雰囲気。
小椋選手が生きていたってことは山田選手は???
裏ストレートで振り返り確認すると気持ち離れている。これは・・・何とかなるんじゃね???
なんて前見たら、植月ミサイル発射!!Fロックしたまま小椋選手に向かって逝くも惜しくも迎撃され転倒。

10017783
すぐ後ろに居たのでイン側には付けずフルブレーキのままアウト側へ・・・
当然転倒者はアウト側へ流れてくるので、「うわぁ植月選手ひいちゃう~」

と、一瞬ライダーとマシンの間に隙間が出来たのでアクセルONですり抜け成功。
が、その間に山田選手に先に行かれてしまって、追いつけそうな距離では無さそう・・・
後ろを確認するも同じように田中兄選手が等間隔で。
後は追いつきもせず追いつかれもせず・・・前半の疲れがどっと押し寄せて、周回を消化しながらゴールmotorsports

10017797


前半見せ場は作れたと思いますが・・・楽しんで頂けたでしょうか?(笑)
決勝リザルト
Gdthumb_1


10017805

何気にタマダ SPクラス初表彰台な気がするw



写真はタマダカップ様より拝借。
動画 ユーチューブに上がっていたので勝手に拝借人( ̄ω ̄;) スマヌ


タマダカップ様より動画が公開されました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

タマダカップ 第3戦 前日~

前日。

昼からの回復傾向の予報を信じて朝6時にタマダへ向け出発。
8時過ぎに到着すると、既に山本選手が陣取ってました。コースはフルウェット。パラパラと降り続いてます。
遅れて、HMFの金田選手と走り屋 山岸&大造選手カップルが到着。
山岸&大造カップルはレインタイヤに履き替えてます!!(゚ロ゚屮)屮
えぇ~明日はドライ予報なのに走るの!?Σ(゚□゚(゚□゚*)

聞けばレインタイヤ履いたことがないらしいので、練習も兼ねて走行するらしい。
ガレージSチームは降ったり止んだりを繰り返す天候に意気消沈。
う~ん・・・これは今日は厳しいかなぁ???
昼。小椋選手登場。約1ヶ月振りのミニバイクだそうです。とはいえ、前週岡山で250でレースに出ていたようなので感は・・・・・鈍ってないか・・・・くそっ・・・www

雨足も弱くなり、次第に路面も乾き出す。
半分乾いた難しい路面状況ながら、皮むきしてきますと、大造選手が出走。
数周後、なんかブレーキが効かないと戻ってくる・・・・うん。そりゃ効かないね・・・
キャリパーのネジ脱落w キャリパーがぷらぷらしてます。よくコケなかったな(@Д@;

なんか最近生名で山本選手が同じことやったな・・・危険なのでしっかりトルク管理しましょうsign01


午後から路面もドライに変わってきたのでマシンを下ろしてみるトオル。
出来れば明日に向けて試しておきたいことがあるので走っておきたい。
申込みに行こうか考えだした午後2時付近。再び霧雨が降り出し、フルウェットへ逆戻り。
う~ん。残念。
その後、せっかく熊本から来たのにこんな天候じゃ可愛そうなので、山岸&大造選手にプチ講習会(笑)
コース図に思っているラインを書き込んでもらって、そこから修正。基本的な考え方を講義。このコースの癖などを説明し、全く出来ていないニーグリップを実際にまたがって貰って説明。
と、聞き耳をたてながら徐々に近付いてくる金田選手www
仲間に入りますか?(笑)
一通り説明したら雨も上がってきたので、実際にコースを歩きながらポイントを説明。
山本選手に説明させようとしましたが全く喋らないので替わりに説明しましたwww
もっと喋れ!www
お風呂に入って惣菜を買ってタマダで宴会開始。
田中兄選手、南君も合流し宴は深夜まで続きます。
日付が変わるころ、適当に見計らってトオル就寝。
他の方々は遅れてやってきた山田選手を交えて深夜?早朝?3時までやっていたそう( ̄○ ̄;)!
どんだけ元気なん(笑)
続く・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

タマダ バイク祭 1時間耐久

今回はWJのリンダマン選手に相方で乗って貰えるって言う超贅沢なシチュエーションshine

こんな機会を作ってくれた佐藤選手に感謝です( ´艸`)プププ

マシンを支えて貰ったら緊張してコース上でコケること間違いなしなので、スタートライダーをお願いしました(笑)
エンジンとタイヤが良い状態で乗ってもらってインプレを聞いてみたかったって言うのもあるんですが・・・


エントリー方法がいまいちよく解っていなかった為、最後尾スタート。


239548765_624v1470631305

全くのブッツけで探り探り走りながらも、やっぱ上手いなぁup

239547861_624v1470588053

youtubeで「この人むっちゃすげぇなぁ」ってずっと見てた人にまさか地元タマダで自分のマシンに乗ってもらってるなんて感動happy02
残り30分付近で、まさかの2個目の右でアウトからトップ山本選手をかわしトップ浮上coldsweats02
239549696_624v1470661822
すげぇ~あんなこと出来るの~!?!?!?!?と山本パパ、ママと談笑していると、炎天下の中、ピットロードで見守っていたWJ平野さんから交替のサイン。
贅沢すぎる( Д) ゚ ゚

急いで準備して、交替を待ちます。
少し前に2位走行中の山本選手がピットインし、大屋選手と交代。
リンダマン選手が入ってきて、ライダー交代。背中をポンと叩いてくれて頑張って来いと送り出してくれました。いい人だぁhappy01
コースインしてすぐにタイヤに違和感。多分、普段自分が使う所とは違う所を使って走ってるんだろうなぁ・・・と2~3周様子見ながら走ると違和感がなくなりました。
大屋選手はどこだ!?必死に探しながら追いかけますが姿が見えません。
ピットロードから平野さんがサインボードを出してくれて、タイム差を表示してくれます!!(゚ロ゚屮)屮
マジッすか!?
少し前に見えるのはGOD選手。こ、これは・・・ネ申を追いかけろと!?
239555284_624v1470586670_2
頑張って走るもなかなか追いつきません。
と、大屋選手の姿が見えて、かわします。これでトップか?と掲示板を確認すると2位のまま・・・トップは66番???誰だ???
頭の中を整理する。確か交替前は、山本、大屋ペア→HMF 金田選手→磯村選手だったはず・・・金田選手はかわしたし、残るは・・・1人耐久得意の磯村選手か!?
少し前に磯村選手の姿も見えるのでゼッケンを確認すると66番。やっぱりか~ι(´Д`υ)アセアセ
ちょっと追いつくかなぁ・・・・

ピットロードでは平野さんとリンダマンさんがイケイケ!!と激を飛ばしてくれます。
タイヤもズルズルだけど・・・これは頑張るしかない(´Д`;≡;´Д`)アワアワ


と、磯村選手の前を走っていた杉島選手が1コーナーでミスして失速。への字で磯村選手が詰まり一気に追いついたΣ(`0´*)
これはチャーンスsign03

一個目の右で合わせて
239555176_thumbnailv1470611557

INに振るつもりがアンダーが出て外側へアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

239555172_624v1470611557

どうにも出来ないのでそのままアウトから。気が付いていないようで寄って来たので肘でツンと(笑)

239555167_thumbnailv1470586336
いきなりでビックリしたのか失速した間に「磯さんゴメンナサイ 人( ̄ω ̄;) 」と心で叫びながらトップ浮上!!
これが最終ラップだったようで

239555154_624v1470586294

そのままゴ~ルmotorsports

むっちゃピットロードで盛り上がって頂きましたw

帰ってくると、リンダマンさんが出迎えてくれてポカリを頂きましたup

239555395_624v1470661853

Gdthumb_1


いやぁ~金曜日の夜から平野さんとご飯食べて、色々とお話させて頂いたり、土曜日の練習ではGODさん、リンダマンさんと一緒に走らせて頂いたり、耐久後マシンのインプレを聞かせて頂いたりと夢のような一日でした!
遠い所来て頂いた、WJ様、T-TEHC様有難う御座いましたm(_ _)m
良い勉強をさせて頂きました^^

また是非お願いしますsign01






写真提供みやっちさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

タマダ 最速王決定戦

まさかの地元で関西と関東のトップクラスのライダーが激突というまたとない機会。

当然、参戦するしかないでしょう!!
自身のマシンの仕上がりも上々の所まで来たと思うけど、全国と比べてどこがどう違うのか見てみたい所。
まず驚いたのは、足回りのセットの違い。
足回りの違いというか、回り方が物凄くクイックでバトル向き。それでいて速さも落ちないような足回りのセットで詰めているんだなぁと関心しました。
進入速度はそんなに落とさないで立ち上がりでドン!と出て行くような。山本選手の調子の良い時のような離れ方をします。向きの変え方が半端ないっす!!
基本自分は柔らかめセットですが、先週はまだ良かったのに、どうも前日から切り返し後にINにつけない。
前夜、油面を上げ調整。



公式練習。


フォークの感じは悪くなく、接地感がでましたエンジンもよく走っている感じ。中古タイヤで40秒前半は出せるので練習では出るのに公式で出ない39秒台を目指します。


予選。

今回は台数が多いし、手元の温度計では36℃。予選15分フルで走るつもりでしたが、体力も持たないので、動向を見ながら隙間に入ることに。
開始から5分後。コースIN。
目の前にはまさかのT-TECH ガッキー選手∑(゚∇゚|||)

これは・・・まさか・・・チャンスなんじゃね!?
とついて行きます。インフィールドむちゃ速Σ(`0´*)
これは~・・・もしかしてあっという間に見えなくなるパターン???かと思いきや、ファイナルのセットの違いか、まだまだ様子を見ているようで1~への字でぶつかりそうな位追いつく!!(゚ロ゚屮)屮

タイムは40秒前半付近。これは・・・少し間隔をあけてアタックした方がいいか?
少しだけ間隔をあけてアタック開始・・・・手元のラップタイムは40.002。まだまだいける感覚は有る。
と、ガッキー選手が後ろに付かれるのを嫌がりスローダウン。えぇ~まじっすか!?
もっと走りを見たかったです(/□≦、)

そこから2周位アタックしてみるもうまくいかず。まぁSOLOはその日の気候で多少誤差が出たりするので、もしかしたら39秒ギリ入ってんじゃね?的な期待を胸にピットイン。
正式結果↓↓↓
10016699

こんな時だけ正確なSOLO。*((艸д・。`*)゜*。
40.003秒で予選8番手。くぅ~1000分の3届いてないって言う。。。やっぱりかぁ(ノ_≦。)
広瀬病にかかり撃沈(笑)

しかし、お隣の7番手グリットには11ヶ月ぶりにバイクに乗ったWJ GOD選手。間近でスタートを見るチャンス!!

トップは地元の意地を見せコースレコード更新で39.456で山田選手。
前方フロントロー2番手にはユーチューブで散々見ていたリンダマン選手。
3番手にガッキー選手。
4番手、前年度タマダチャンピオンの小椋選手。
5番手、まさかのAPE100で39秒台を叩き出した8耐ライダーの須磨選手。
6番手、関西の大御所 T-TECH 辻村選手
なんちゅう豪華な顔ぶれΣ(`0´*)

久しぶりに山本選手より前のグリットwww 
ぜってぇ抑えてやる!!


決勝。
みやっちさん撮影↓↓↓

スタートで例の如くバックギアに入れた山田選手の後ろについたのが失敗www

アウトから山本選手、植月選手にまくられる。
2個目の右に合わせて、植月選手が山本選手のINに飛び込んだのを見て便乗。
縦列で隙間をなくして山本選手の前に出ます。
2周目4~5の切り替えしで辻村選手が宙に舞うのが見える。
前に居た植月選手は距離が近かった分対応が遅れ、吸い込まれるように転倒。
その後、後続の田中兄選手と實森選手が突っ込み、田中兄選手が動けず。
多重クラッシュで赤旗中断。
マジか~・・・目の前で飛んでいくのを見たすぐ後にモチベーションを上げていくのはきびしぃ~(。>0<。)

処理後、「レース再開は50分から。15周での再スタートになります」とアナウンスが・・・
えぇ!?減周じゃないの!?
すぐに主催者に確認。
ト「減周でいいんじゃないですか???」
主「いや、時間も取れるんで15周で(笑」
マジかぁ体力持つかな?ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ


決勝再スタート。
今度は山田選手の後ろにだけはつかないように心がけスタートwww
流石のGOD選手はスルスルっと上位へ。失敗してないスタートだったんですが・・・この差は何か秘訣があるのか!?
山本選手は取り合えず抑えた。前は須磨選手。
APEに負けるのはプライドが・・・いやしかし、弟子にひっさしぶりに勝てるチャンスを逃すのも・・・・葛藤の1周目www
後者を選び、要所で山本選手を徹底的にブロックすることに。
当然、ブロックするたびに前は離れていく・・・2個目の切り返しでちょくちょく姿を見せる山本選手を被せてブロックw
ここは経験に物を言わせてしのぎます。
残り周回数を確認。残り10周・・・・ピットに帰りたくなってきましたが、久しぶりに勝てるチャンスを逃すわけには・・・(笑)

239541595_624v1470571633
残り4周・・・ちょいちょい姿を見せている2個目の切り返しの速度を上げていかないと厳しいか?と2個目の右に進入した所、不意に山本選手のフロントタイヤが視界に飛び込んでくる。山本ミサイルか!?( Д) ゚ ゚

それはいくらなんでも無理じゃけぇ!!
フルバンクでバンク中の横っ腹にミサイル山本が飛んできましたwww
当然こっちは何も出来ないので体を入れて倒されないように全力でガード!!
Fホイールとフォークアウターの間に膝が入り激痛と共にFフルロックを喰らった山本選手が宙に舞っていきます。山本ミサイルを撃墜に成功したトオルは転倒を免れ、次の周、グリッドでマシンを押している山本選手を睨みます。申し訳無さそうに頭を下げる山本選手(笑)
がっはっはっまだ負けんけぇ!!
前も後ろも居なくなった我慢の3周を走り終え、全くいいところ無しの7位でゴールmotorsports
もっと全国レベルの走りを間近で見たかったですが、圧倒的な力不足で何も見れませんでした(ノ_≦。)
練習が足りませんね。いい勉強をさせていただきました!!


239540915_624v1470570964_1

もっと近くで見たかった~bearing

Gdthumb

みやっちさん撮影動画↓↓↓



夢の1時間耐久編へつづく・・・



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

勝手にGP タカタサーキット

もう走れないと思っていたタカタサーキットですが、シェンプラスの努力の甲斐あって開催にこぎつけたようです。

なので自分は耐久だけですが参戦してきました。
スプリントはうちからは山本親子が参戦です!トオルは・・・今ちょっと手一杯ですwww
朝~
7:00ゲートオープン時には既に駐車場は満車状態。
受付、車検を済ませ、スプリント組みが公式練習に入ります。
見守るトオル・・・本日はお気楽モードです。
耐久の予選で初山本パパ号に乗ります。
うん???ちょっとスプロケショートか???
回すとボコつく・・・キャブ濃いいか???
う~ん、シートちょい狭いな・・・ハンドルも狭い・・・
気になる点はいくつかあるものの、どうにも出来ないシートとハンドル以外は要相談で。
ボロタイヤだったので流しながら走るも普通に1分6秒台は出るみたい。鬼グリップで路面も綺麗。気持ち良い~。
公式練習で気になったスプロケは確認するとR1丁ショートだったので16-38に変更。
キャブはしぇんさんに借りたままの状態のCRmini。メイン#108が付いていたので#102に変更。
オプション練習の時間が残っていたので山本パパに乗ってもらうことに。
山本君も一緒に走り出します。
が・・・帰って来ません(笑)。オプション練習を時間いっぱい走りきった山本親子はタイヤ交換の時間がなく、そのままボロタイヤで予選へと向かいますwww
ありえんっちゃΣ( ゜Д゜)ハッ!


手持ち無沙汰なトオルは見守りますが、山本君は乗れてない。乗れてないって言うか・・・タマダ以外の走り方が解らないみたい。7番手で撃沈www
山本パパの方が適応力はあるようでボロボロのタイヤで予想以上の好タイム。トミーさんのすぐ後ろ11番手で予選を終えました。


決勝

山本君はタイヤ交換。決勝で皮むきからとか意味が解らないw
取り合えずコースインとサイティングラップで皮むきだけは終わらせておくように指示。
山本パパは新品に換えてもタイムが上がる気がしないってことで新品タイヤは温存で決勝に挑みます。

レッドシグナルブラックアウトでレーススタート!!!
2番手山田選手は失敗して後続の集団に飲み込まれてしまいました。これは厳しいか・・・

と・・・2コーナーで何かあったようで赤旗中断。
わわっ・・・山本親子2人とも姿見えませんけど~Σ( ̄ロ ̄lll)


どうやら、H選手が転倒。それを避けれず後続4~5台が突っ込んだ模様。
H選手は3台位に轢かれたとか・・・うち1台は山本選手。目の前で突っ込んだ山本選手を避け切れず山本パパが息子を引いたらしいモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!



トミーさん車載動画(トミーさん勝手に借りちゃいましたsweat01
まさかの2台とも転倒の2台ともマフラーぶち曲げて帰ってくるっていう。*((艸д・。`*)゜*。


山本パパのマシン自体は軽傷ながら、マフラーは使い物にならない位曲がってます。
1469406936873
悲しみのあまりタオルで涙をぬぐう山本ママの図(笑)
このマフラーにポリバケツカラーの塗料が付いていたのでトミーさんも突っ込んだようです。゜゜(´□`。)°゜。ゴメンナサイ

山本選手のマシンもマフラーがかち上げになってますが、ここまでは曲がってないのでサイレンサーの曲がりだけ修復。
心が折れたのか山本選手はスプリントは諦めるってことなので、耐久に出る山本パパ号にマフラーを移植。
どうにかこうにか付くのは付いたけど・・・メインパイプのかち上げだけはここでは修理できないので・・・右足はつま先立ちでステップに乗せることにwww
ニーグリップできんし(´;ω;`)ウウ・・・

取り合えず耐久用のマシンは何とか走れそうな所まで修復。
1469406930088
諸事情により顔は隠してみましたw  (テツさん提供)
うまくマフラーがつかないよ~の図(笑)
けが人も出たスプリントはディレイで周回数減算の昼一スタートとなりました。
トップ4台が目まぐるしく順位を入替える展開。
最終ラップのすり鉢でトップN村選手がすり鉢を曲がりきれず、2位走行中の植月選手が優勝をかっさらって行くという波乱な展開は見ていても燃えました!!
冷静に最後まであの位置に居た植月選手の完全な勝利でした。おめでとうございます!!


みやっちさん撮影動画


耐久
スプリントがディレイになったので2時間半になった耐久レース。ピットストップ3回義務ルールがあるので時間配分を練り直します。

・スタート~25分 山本パパ
・25~75分 トオル
・75分~125分 弘樹
・125分~ゴール 山本パパ

こんな作戦に。
スタート。
3番手グリットからのスタートながらエンストして再始動の間に随分後ろまで下がってしまいましたwww
安定して走っているので放置(笑)
あっという間に20分経過。話を誤魔化して時間を引っ張ろうとするも山本ママは引っかかってくれず25分で交替。
この蒸し暑さの中50分走らないといけないのでかなり手を抜いて走るw
交替前にトップ3圏内に居た越前レーシングの小川選手が少し前に見える。ちょっと頑張って追っかけます。
どうにも右足がずっとつま先立ち状態なので踏ん張りが利きませんが、その分路面がグリップしてくれるので何とか前に出ることに成功。ふぅ~これで周回遅れはなくなったかな???
コース上にはカメラマンが写真を撮っているのでガン見してみます(笑)

ピットロードにはカメラを構える立ちゴケ君と山本親子が見守ってくれるのでこちらもガン見しておきます。
山本ママ「そんなこといいから真面目に走れ!!」と激を飛ばしているように見えます。
え・・・えぇ・・・いや・・・今頑張ったら最後まで持ちませんけどw
しばらくしていると後ろから4STサウンドが聞こえます。赤いマシンに抜かれます。
これまたトップ3圏内を走行中のプリモハウス 野村選手。
おぉ!!ちょっと頑張ってみるか!!
抜き返します。ちょっと頑張って1周抑えますがあっさり交されジワジワ離れていきます。
ま・・・待って。
またまた耐久用の走りに戻します。カメラマンをガン見。
旗振りの矢藤さんが暇そうなのでこちらもガン見www
ピットロードでは立ちゴケ君をガン見↓↓↓
Dscn0161

これでも手を抜きながらボチボチのタイムをキープしながら走行してます。
タイムは64~66秒ペースでベストは64.8???
順調に5番手まで順位を戻し、山本選手に交替。
6番手に後退も、多分ライダー交代のタイミングとか絡んで3~4位位までは上げてくるんじゃないかな???
2時間経過 4番手走行中。
そろそろライダー交代の時間ではあるが、元気そうなので、ちょっと引っ張って見る事に。
一生懸命走っているようだけど・・・タイムが68秒台まで落ちた所で最後のライダー交代。
山本パパの走りは安定しているので安心して見ていられる。タイムは66~67秒付近か???これなら入賞できるな。

走り終えてもずっと落ち込む山本選手を横目に4位キープのまま無事ゴ~ルmotorsports



スプリントクラッシュの直後は耐久もリタイヤかと思いましたが何とか完走できました!!
手伝ってくれた皆様有難うございました。またお願いします!


お風呂入って、ご飯食べても山本選手は落ち込んだままでしたが最速王決定戦までには調子を戻してくるでしょう(笑)
タマダカップも宜しくお願いします!!
おしまい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧